couple

腎臓病食は宅配で手軽に食べられる|改善の鍵は食事

食事療法が大事な腎臓病

man

タンパク質を摂りすぎない

腎臓病の恐ろしいところは一旦発症すると完治できないことです。主に薬物療法と食事療法が行われますが、これらの治療法は腎臓病の進行を抑えるための治療です。進行すると人工透析をすることになるので、そうならないように薬を飲み、正しい食生活を送ることが重要になります。腎臓病の食事の基本は、タンパク質を制限することです。タンパク質を摂りすぎると尿素窒素などの毒素を発生するのです。腎臓はその毒素を尿と一緒に排泄する働きがあるので、タンパク質を摂りすぎると腎臓が弱ってしまうのです。家庭でもタンパク質を減らす食事が必要ですが、家庭の中で普通の食事と腎臓病食を作るのは大変です。そのような時に便利なのが腎臓病食の宅配弁当を利用するのです。

腎臓病用の弁当を利用する

最近の宅配弁当は腎臓病食や糖尿病食などが用意されているので、自宅で療養する患者にとってはありがたい存在です。宅配弁当といってもきちんと管理栄養士が監修してメニューをこしらえているので、安心して食べることができます。また最近の宅配弁当は飽きがこないように色々と工夫しているので、腎臓病食でもおいしく食べることができます。配達日時もあらかじめ決めておけば自宅まで配達してくれるので、とても人気があります。食事を作る主婦の手間が省けますし、きちんと栄養管理された食事ができるので患者にもメリットがあります。腎臓病食の場合はタンパク質以外にも塩分を控える必要があり、特に高血圧がある人は厳重に制限を守ることになります。その点も宅配弁当なら安心できます。